交通事故の慰謝料ってなんですか?

慰謝料ってなんですか?


「慰謝料」って聞くと、まっさきに俺が頭に思い浮かべるのは、離婚慰謝料だな。

それと、映画なんかでヤ◯ザが「慰謝料払ってもらおうじゃねーか!」っていう場面を見かけるから、それがなんとなく記憶にあるくらいだなw

それ以外のことで、慰謝料って言葉は、これまでの俺の人生であまり想像したこともなかったし、当然、俺自身そういうことにはかかわった経験がない。(今回が初めて!)


交通事故の賠償問題に関しても、慰謝料って聞くと、まぁ、「ごめんなさい」的なものだろ?


って、簡単に考えていたけど、ここはしっかり勉強しておこう。何事も言葉の正しい意味を理解していないと、そこから先の勉強が無駄になったり、場合によってはその勘違いが原因で損をすることになるかもしれないから、ここでしっかりと勉強しておくことにした。


まず、交通事故被害に遭ったとき、保険会社に支払ってもらうものにはどういう項目があるのか?


そうだ、俺の場合、ここからだな。


で、調べた。


・入通院慰謝料
・通院交通費
・治療費
・休業損害


ざっと、こんな感じだ。

で、仮に後遺症が残った場合、後遺障害申請というものをするんだけど、これが認められたら、上の4つに加え、

・後遺障害慰謝料
・逸失利益

というものも支払われる。


俺が思ったのは、「えっ、普通の慰謝料と後遺障害慰謝料って違うの?」って。


結果、違うね。


つまり、後遺障害を認められたら、慰謝料については、「入通院慰謝料」と「後遺障害慰謝料」の2つの慰謝料をGETできるということ。



まぁ、後遺障害慰謝料ってのは、まだまだ事故ったばかりだから、後遺症とかそういうことは別にして、通常の「入通院慰謝料」ってのは、基準が3つある。


自賠責基準

任意保険基準

弁護士基準


自賠責基準<任意保険基準<弁護士基準

って感じ。


つまり、自賠責基準が一番低く(少額)、弁護士基準が一番高い。



じゃあ、弁護士基準がいいじゃん。


ってなるけど、いやいや、そうは問屋がおろさない。


弁護士基準はあくまでも弁護士が請求するから弁護士基準なわけで、俺たちみたいなパンピー(懐かしい)が請求できる基準じゃない。正確には、「パンピーでも弁護士基準で請求できるが、それをそのまま認められることは絶対にない」ということだ。


じゃ、じゃあ、任意保険基準でお願いしますm(_ _)m

これには1つだけ条件がつく。


さっき説明した保険会社から支払われる(項目)お金あるだろ?
あれを全部足して、120万円を超えない場合、自賠責基準が採用されて、120万円を超える場合、任意保険基準が採用されるってわけ。



慰謝料は基本的には、「ごめんね料」みたいなもので、その基準には、こんな感じで3つの基準がありますよって話し。それと、交通事故の場合、「慰謝料」以外にも支払ってもらうお金はあるから、それぞれの名称を勘違いしないように正確に理解しておこうなってこと!



ここまで理解するのに、本を2冊読んで、ネットで数時間情報収集して、これが間違っていないか、弁護士に無料相談したわwww


俺、執念、ハンパないwww


ーーー今日の通院ーーー
リハビリはやっぱり無理だったので、診察だけ。
薬はもらったやつがまだまだ残っているので、処方箋もなし。


ーー2016年11月追記ーー
俺の示談徹底抗戦の結果も参考にしてくれ!
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

今週のつぶやき

ダンピン最高!台湾最高!

プロフィール

俺

Author:俺
俺だ。ある日、交通事故に遭ったのは仕方ないが、保険会社の対応(言動など)があまりにも腹立たしかったため、徹底抗戦を決めた。俺は今、激おこぷんぷん丸だ。こっちが完全に無知だと思い、高をくくっている保険会社担当者をコテンパにしてやるぜ!(2016年5月に971万円をGETして完全勝利)

このページのトップへ