他覚所見なしで後遺障害12級が認定された理由

唐揚げ弁当

俺だ。

前回の記事「【画像あり】後遺障害12級が認定された知人に会って話しを聞いてきた」の終わりにも予告したように、今回はその理由の詳細を書いていこーと思うぞ。噂はいろいろ聞いたり、ネットで見たりすることはできるが、実際に会って書類などを見せてもらいながら本人に話を聞いてきたからなかなかあちぃぞ。

結果から先に言っちまうと、俺がお会いしたAさんは「やるべきことをやっていた」ただ、それだけのことのように思えた。

そして、俺もいろいろと考えたんだが、賠償問題の世界において、その「やるべきことをやる」っつーのが難しくてみんなできてねーようだ。

そもそも、交通事故の賠償問題においてやるべきことってなに?みたいなw

示談するまでやるべきことを知る機会がないこともあれば、どこか途中でその情報が自分に入ってくる(経験者である知人のアドバイスとか)こともあるだろうな。

でも、途中で有益な情報を知ったとしても時すでに遅しみたいな。

んでな、なんでそういう被害者が多いかってことを考えてみたんだ。

それは、、、

一般的な交通事故被害者の人たちは、(多分)みんな被害者意識が強いわりには、危機感・危機意識をもって自分から動かない人たちだと思ったわけ。

Aさんと会っていろいろと実際にあった話を聞いて最も勉強になったことは、Aさんが何度か言った「被害者になってしまった以上は...」みたいな言葉だ。

どんなことでもそーだと思うが、何かの被害者になったとき、まず無意識的に「自分は悪くない」と思うわな。俺もそうだった。「自分は悪くない」にもかかわらず、病院に通院しなければいけない面倒さ、仕事を休み職場の仲間に迷惑をかける精神的ストレス、はじめのうちは心配されていても、その内「もしかして慰謝料目当てで仮病?!」的な視線w

俺は悪くないのに。俺は悪くないのに。俺は悪くないのに。俺は悪くないのに。俺は悪くないのに。

碇シンジなの?

ねぇ。どーなの?弱めの碇シンジなの?

そんなふうにどこかで思って、120%自分以外の誰かのせいにしてるんだわ。(決めつけちゃって悪ぃけどw まぁ、聞けやw)

そういうふうに考えてしまっている多数大勢の交通事故被害者がいる一方、俺が会ったAさんはどうだ?

「被害者になってしまった以上...」もうこの言葉だけで、自分に責任をもっていることが分かるだろ?強さが違ぇわw

もしかしてあれか?

ここに何か、すげぇ裏ワザみたいなことが書いてあると思ったか?

期待はずれで悪ぃな。

けど、本質的なことをいえば、ここに書いたこと(覚悟をもって、自ら行動するかどうか)がAさんを他覚所見なしで後遺障害12級認定に導いたっつーことなんだ。

この本質的な「被害者としてマインドセット」ともいうべきことを理解できれば、たとえば、「正しい後遺障害診断書の書き方」とか「主治医とのコミュニケーション」とか「治療打ち切りを回避する方法」とか、全然大したことねー。楽勝だわな。

たとえば、あなたが何かの先生だったとして、やる気がある生徒とない生徒に教えるんだったら、どちらが飲み込みが早いと思うか。どちらに積極的に教えたい(情報を流したい)と考えるかをイメージしてみてほしい。

交通事故被害者のまず始めの武器は、Aさんにも教わった「被害者としての覚悟」っつーことで。胡散臭く言えば「マインドセット」っつーやつかもな。

出た、マインドセットwww

さっきも言ったが、一般の被害者が期待しそうな「他覚所見なしで後遺障害12級に認定される裏ワザ」的な部分はこれに比べれば全然大したことねーけど、まぁ、それはそれで大事だから俺もまとめよーと思うぞ。

まぁ、焦るなw

次回にガッツリまとめてやろーじゃねーか。

今日はこれから病院だ。

土曜日は病院が午前中しかやってねーから、午前に家を出て、帰りに本屋→唐揚げ弁当→帰宅が最近の定番コースだw

この唐揚げ弁当が美味すぎてハマりまくってるw

そんな感じだ。

【今日のまとめ】

唐揚げ弁当めちゃ美味い。



関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

今週のつぶやき

ダンピン最高!台湾最高!

プロフィール

俺

Author:俺
俺だ。ある日、交通事故に遭ったのは仕方ないが、保険会社の対応(言動など)があまりにも腹立たしかったため、徹底抗戦を決めた。俺は今、激おこぷんぷん丸だ。こっちが完全に無知だと思い、高をくくっている保険会社担当者をコテンパにしてやるぜ!(2016年5月に971万円をGETして完全勝利)

このページのトップへ