事故治療中、「張る」「凝る」はNGワードだから使用禁止な!

俺だ。


事故ったのが先月の23日だから、まもなく事故から1ヶ月だ。

相変わらず、朝起きたときはクビが張るし、左手小指あたりがピリピリと痛むわ、、、


あっ、そうだ!


いろいろ、調べて分かったことなんだが、

事故治療中において、医者や保険会社担当者に、「張る」とか「凝る」はNGワードな!


なんで「張る」とか「凝る」がダメかっつーと、


さまぁ~ずの三村みたいな担当者に「肩コリか!」ってツッコまれるからだw


肩コリじゃねぇwww

事故のせいで痛ぇんだwww


ってわけ。


たとえば、


レントゲン検査をしました。MRI検査をしました。CT検査をしました。

はい、ここにこういう異常(他覚所見)がありますよってなれば、問題ないわけ。(異常があって問題ないってのもおかしな話しだが)


けど、そういう検査で異常が発見されない場合、痛いとか痺れるって訴えても、医者・保険会社担当者的には、


「えっ、それ、事故と関係なくね?」


ってなるから、それを、


「いやいや、関係あるしw」


という流れをつくる(嘘をつくという意味じゃねーから誤解すんなよw)必要がある。


そんな中で、こっち(被害者/患者)が「いやぁ〜肩が張るんですよ〜」とか「肩のコリがひどくてぇ〜」とか言ってたら、ツッコまれること間違いなしだwww


共通安全キーワードは「痛い」「痺れる」だ。この2つなら、何がどーあってもまずは安全だwww


痛かったり、痺れたりしているのに、「(筋肉が)張る」とか「(肩の付け根あたりが)凝る」みたいな表現をチョイスしてると、勘違いされるし、足元すくわれるから気をつけろよって話し!


「足元すくわれるってどーいうこと?」


そんなの、「治療打ち切り」に決まってんじゃねーかwww


わずか1ヶ月でここまで応用がきくようになった俺って、、、

う〜ん、マンダム。

マンダム
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

今週のつぶやき

ダンピン最高!台湾最高!

プロフィール

俺

Author:俺
俺だ。ある日、交通事故に遭ったのは仕方ないが、保険会社の対応(言動など)があまりにも腹立たしかったため、徹底抗戦を決めた。俺は今、激おこぷんぷん丸だ。こっちが完全に無知だと思い、高をくくっている保険会社担当者をコテンパにしてやるぜ!(2016年5月に971万円をGETして完全勝利)

このページのトップへ