本社クレームにすると、保険金アップは確実?!

金融庁


俺だ。


今日はなんだか眠くないので本を読んでいたら、完全に目を覚ましちまったから、ブログ更新だぜ。

今日は、「損保へのクレーム」について。

まぁ、俺の場合、まだ事故から1ヶ月も経ってねーから、そんな段階ではないんだが、本や資料に目を通していると、交通事故の賠償問題っつーのは、もはやトラブルの予感しかしねーから今のうちに頭に入れておいたほうがいいだろうw


調べたところ、損保はどこの保険会社でも、ホームページに苦情を書き込めるようになっている。被害者感情丸出しで、「お客様の声」として、不満を書き込んだりするのも意外と効果がある場合があるらしい。


いろんな本を読んでいると、「被害者の中には、すぐに本社にクレームを申し立てる人がいるが、これが実は保険会社を動かすには一番手っ取り早い方法」みたいなことを見かける。


本社にクレームが入ると、すぐに課長にメールが転送され、サービスセンターを統括している部長宛に、いままでの交渉経緯の報告や今後の対応を連絡しないといけないという流れ。


どうやら、これがめっちゃ面倒くさいらしく、課長も担当者も一気にやる気が失せちまうらしい。上の人からは「本社クレーム」になったら、さっさと払って終わらせたいって思うみたいだぞ。


けど、それより嫌がるのは、監督官庁である金融庁へ連絡すること。


金融庁に持ち込まれたクレームは、社内的にも最優先の事案となるため、とにかく早く相手を納得させて円満解決をはかる必要がある。だから、すげー面倒くせーし、嫌なんだな。


今日はこのへんにしておくか。



これから眠れそうだったら眠るし、眠れなそーだったら、保険会社の約款に目を通してみよーと思うぞ。字の小ささがハンパねーwww


こんなものぜってー普通の被害者は読まねーwww


普通の人たちがやらねーことっつーのは、そこにチャンスがあることが多いからな。


って書いてるそばから少し眠くなってきたぞwww


じゃあ、またなー
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

今週のつぶやき

ダンピン最高!台湾最高!

プロフィール

俺

Author:俺
俺だ。ある日、交通事故に遭ったのは仕方ないが、保険会社の対応(言動など)があまりにも腹立たしかったため、徹底抗戦を決めた。俺は今、激おこぷんぷん丸だ。こっちが完全に無知だと思い、高をくくっている保険会社担当者をコテンパにしてやるぜ!(2016年5月に971万円をGETして完全勝利)

このページのトップへ