物損で1億円オーバー、千葉地裁の判例



俺だ。

もう今年も残すところ、2ヶ月半くらいだな。光陰矢の如しとは言うけど、時間が経つのはマジで早いもんだ。

ところで、先日、人身についての判例を調べていたら、なんだかいつの間にか違うことを調べていて(よくあるw)、そこで、「ほぇ~そうなのか、、、」って思ったことがあるから、書いておくぞ。

交通事故で「賠償金」と聞くと、なんとなく慰謝料にばかり目が向くが、物損で1億円を超えた事例もあったぞ。
物損で1億円オーバーとかハンパねぇw
平成10年10月の千葉地裁で判決があったこれだ。

ーー千葉地裁判例ーー

 ●列車脱線で過積載ダンプに1億1千万円の賠償命令(千葉地裁 平成10年10月26日判決)
JR東日本の成田線・久住駅 - 滑河駅間の大菅踏切で、遮断機が下りていた踏切に進入していた大型ダンプカー側面に千葉発佐原行き普通列車が衝突。先頭車は脱線大破し、電車の運転士が死亡、乗客65名が負傷しました。  事故の原因は、過積載(最大積載重量8750Kgの4倍もの山砂を積んでいた)のダンプカーが踏切の停止線でブレーキが効かず停止することができなかったことによるものです。
裁判所は、列車の物的損害としてドライバー、山砂運搬を依頼した荷主、砕石会社などに 1億1,197万円の賠償を命じました(死傷者への人身損害賠償は含まれず)。 
※損害額内訳:電車損害8,890万円、人件費1,658万円、諸経費375万円、代行輸送費274万円など。

ーー千葉地裁判例ここまでーー

人身ばかりじゃなくて、物損でもこんな規模の事故もあるんだな。

やっぱり事故はこえぇ。。。
いつ自分が加害者になったり、被害者になったりするか分かんねぇからな。

こりゃあ、確実に人生変わるわな。
保険に入ってなかったらと考えると、もう怖さしかないわ。

今日は、そんな感じ。

もう夜はだいぶ冷えてきたから、みんなも風邪ひくんじゃねぇぞ。
じゃあ、またなー。
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

今週のつぶやき

ダンピン最高!台湾最高!

プロフィール

俺

Author:俺
俺だ。ある日、交通事故に遭ったのは仕方ないが、保険会社の対応(言動など)があまりにも腹立たしかったため、徹底抗戦を決めた。俺は今、激おこぷんぷん丸だ。こっちが完全に無知だと思い、高をくくっている保険会社担当者をコテンパにしてやるぜ!(2016年5月に971万円をGETして完全勝利)

このページのトップへ